最新話ネタバレ

ブンゴ(BUNGO)【最新234話】のネタバレと感想!

BUNGO-ブンゴ- 第234話ネタバレ

2020年7月2日発売のヤングジャンプに掲載された『ブンゴ(BUNGO)』234話のネタバレと感想です。

前回の第233話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだ読んでない方や、内容を忘れてしまった方はぜひお読みください!

←前回今回次回→
233話234話235話

ブンゴ(BUNGO)【第234話】のネタバレ

マイケルを空振り三振で抑えた太陽

10種類以上の変化球を操る怪物投手、太陽。

いささか信じられない話ではあるが、マイケルはそれを受け入れ、最高の学び場だと覚悟を決める。

一方の太陽も、違いに気づいたマイケルに対して嬉しく思っていた。

普通の投手では気づいてさえくれないが、繊細な変化に気づいてくれたほうがなぶり甲斐があると。

そして、ボールを投げる太陽。

ボールはストレートでど真ん中へ向かってくるが、このレベルの投手がこのコースへの直球はありえない。

マイケルは球種を絞ろうとするが、回転が速すぎて判別すらできなかった。

ギリギリまで引き付けてファウルを狙うことにしたマイケル。

しかし、次の瞬間。マイケルは慌ててバットを振り被る。

太陽のボールはど真ん中の単純な直球。ただし、今日最高球速だった。

空振り三振でマイケルを打ち取った太陽。

この打席での敗因は、過学習による容量超過だとマイケルに指摘する。

太陽の球種全てに対応しようとするなど、不可能に近い。

ある程度狙いを絞るのがセオリーだと。

しかし、マイケルは全く落ち込んでいる気配はなく、むしろ太陽にとても参考になったと告げ、ベンチへと戻っていった。

疲れが見せるマイケルに襲い掛かる日本

日本 1vs3 アメリカ。

6回表、日本の攻撃。

8番の茂木は、マイケルの投球をフルカウントからの8球目で捉えるが、これは惜しくも左翼正面。

しかし、下位打線が球数を投げさせた甲斐があり、マイケルのチェンジアップが浮き始めていた。

さらに次のバッターは、フォアボールで出塁。

マイケルに疲れが見えてきたここでバッターを務めるのは、4番の杉浦だ。

さらにここで代走を送り、一気にアメリカに圧力をかけに行く日本。

マイケルは、ここまで疲れた試合も、こんなに圧力を感じる試合も初めてだと思う。

だが、それも全て覚悟のうえ。

王者日本を簡単に倒せるなんて、はなから彼は思っていない。

ここが最大のチャンスだと捉えたマイケルは、日本を倒すレベルまで、今ここで成長してみせるとつぶやいた。

>>次回の『ブンゴ(BUNGO)』235話は、7月16日(木)発売の33号に掲載されます。

←前回今回次回→
233話234話235話
ヤングジャンプのネタバレ記事
キングダムキングダムかぐや様は告らせたいかぐや様は
告らせたい
ゴールデンカムイゴールデン
カムイ
ブンゴBUNGO-ブンゴ-ワンパンマンワンパンマン

ブンゴ(BUNGO)【第234話】の感想

太陽がカッコ良すぎるー!!

今はまだ負けている日本ですが、ここで一気に逆転することができるのでしょうか。

次回も楽しみです!


ブンゴ(BUNGO)の最新話をU-NEXTで楽しもう!

ヤングジャンプ 2019 No.52

「文字だけでは物足りない!」と思ったあなたは、U-NEXTに登録するのがおすすめです。ヤングジャンプの最新刊を、発売日当日から楽しむことができますよ!

当サイト読者が利用してるマンガアプリBEST3!
関連記事