最新話ネタバレ

土竜の唄【最新707話】のネタバレと感想!

土竜の唄 第707話ネタバレ

2020年7月13日発売の週刊ビッグコミックスピリッツに掲載された『土竜の唄』707話のネタバレと感想です。

前回の第706話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだ読んでない方や、内容を忘れてしまった方はぜひお読みください!

←前回今回次回→
706話707話708話

土竜の唄【第707話】のネタバレ

月原の義手の裏拳をまともにくらい倒れる烈雄。

烈雄は[帝王学を学んだ百獣の王が、野良犬に負ける筈がない!!叩きころしてやる!!]そう叫んで月原に殴りかかる。

百獣の王対野良犬

月原は殴りかかって来た烈雄の左ストレートを交わすと身体を回転させて裏拳を烈顔面にぶち込む。

たまらず片膝をつく烈雄に対して月原はその膝を左足で踏みつけて、そのまま思い切り右ひざを烈雄の顔面に叩き込む。

たまらず倒れ込む烈雄。

それを見た月原は[立てよ。]と静かに言う。

烈雄は潜水艇内の手すりにつかまりながら立ち上がる。

そんな烈雄に月原はゆっくりと近づきながら[25歳にもなったのに、まだてめえのことしか考えられねえのか?]と聞く。

烈雄が[あ?]と答えると月原はまた義手の裏拳を烈雄の顔面にぶち込んだ。その勢いで烈雄が潜水艇の床に倒れる。

そんな烈雄に月原は[俺だけ今だけ金だけ、だと?てめえはてめえの利益しか追い求めていない。何よりも大事なのが、てめえの損得勘定だけ。]と言いまた[立て。]と言った。

烈雄は[おかしい・・・オレ様が何故野良犬などに・・・]と言いながら立ち上がるとすかさず月原は烈雄のあごに義手のチョップを叩き込んだ。

烈雄は[チキショー!!]と叫びながら潜水艇の床に倒れ込む。

月原は烈雄にまた[・・・立てよ。]と言い[他人の心の痛みを知れ。]と言った。

烈雄は潜水艇の壁に寄りかかりながら笑っていた。

←前回今回次回→
706話707話708話
スピリッツネタバレ記事はこちら!
土竜の唄土竜の唄アオアシアオアシあさひなぐあさひなぐ
ジャガーンジャガーン

土竜の唄【第707話】の感想

月原の裏拳をうけても立ち上がってくる烈雄。

そんな烈雄に月原は何度も痛恨の一撃とも言える一撃を入れ、烈雄が倒れる度に立てよと促す。

烈雄は果たして月原の拳と言葉に心を動かされるのか?

次回に続く。


土竜の唄の最新話をU-NEXTで楽しもう!

週刊ビッグコミックスピリッツ

「文字だけでは物足りない!」と思ったあなたは、U-NEXTに登録するのがおすすめです。週刊ビッグコミックスピリッツの最新刊を、発売日当日から楽しむことができますよ!

当サイト読者が利用してるマンガアプリBEST3!
関連記事