最新話ネタバレ

土竜の唄【最新716話】のネタバレと感想!

土竜の唄 第716話ネタバレ

2020年9月28日発売の週刊ビッグコミックスピリッツに掲載された『土竜の唄』716話のネタバレと感想です。

前回の第715話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだ読んでない方や、内容を忘れてしまった方はぜひお読みください!

←前回今回次回→
715話716話717話

土竜の唄【第716話】のネタバレ

轟周宝とともに海に沈んでいく玲二。

走馬灯

海に沈んでいきながら玲二は考えていた。自分は何故、潜入捜査官になったのかを。

そして、ある記憶が蘇る。玲二が谷袋暑の巡査だった二十歳の時、玲二のアパートに母親から電話が来る。電話の内容ははとこのケメ子が大学受験で上京するから一週間泊めてやってほしいと言う内容だった。

玲二は断るが結局泊める事になる。小さい頃に遊んだ事があるケメ子の印象は決していいものではなかった。

数日後、ケメ子が玲二のアパートにやって来た。しかし玲二は小さい頃の印象とまるで違うケメ子に驚いてしまう。もの凄い美人になっていたのだ。

そして玲二を見るなり会いたかったと言い抱きついてきた。

結局、ケメ子に貸すはずだった押入れに玲二が寝てケメ子は玲二のベッドで寝る事になる。

その時ケメ子は玲二に[玲にいちゃんはどうして警察官やっているの?]と聞かれ[正義が好きだから。]と答える。

ケメ子は[私、受験戦争に押し潰されそうなんだ。本当は私。トリマーになりたいの。]と言う。玲二は[トリマー!動物好きなんだ、いいじゃん、いいじゃん!!]と軽く返す。

ケメ子は[親に反対されているの。]と涙をながす。

その涙を見て玲二は[人間は必ず死ぬんだけど、自分が死んでも世界は死なない・・・きっと何事もなかったように続いていく。要するに自分なんて一瞬で終わっちまう。だから、自分の好きなように生きればいい。ケメ子の人生はケメ子のものだ。]と言う。

ケメ子は[うん、わかった。]と涙を流しながら答えた。

ケメ子を泊めた次の日に酒見署長から呼び出され玲二は潜入捜査官になった。

再会

そこで気が付いた玲二は一緒に沈んでいく轟周宝を抱きかかえると海面に向かって泳いでいく。

泳いで行きながらケメ子の上京が土竜になるキッカケを作ってくれたと思った。ケメ子の涙がオレを後押ししたんだと思ったのだ。

玲二が海面に近づくと何かが海を漂っていた。それに向かって必死になって泳いでつかまるとそれは、パピヨンの乗っている越前クラゲだった。

パピヨン[よお兄弟。]

←前回今回次回→
715話716話717話
スピリッツネタバレ記事はこちら!
土竜の唄土竜の唄アオアシアオアシあさひなぐあさひなぐ
ジャガーンジャガーン

土竜の唄【第716話】の感想

玲二が潜入捜査官になるキッカケを作った子がいたんですね。

でもケメ子って名前は無いんじゃないかと思いますが・・・。あだ名ですかね?あだ名ですよねきっと、たぶん、おそらく・・・。

しかし、まさかの再開ですね。これからこのピンチをどうやって切り抜けるのか。轟周宝もいますしね。


土竜の唄の最新話をU-NEXTで楽しもう!

週刊ビッグコミックスピリッツ

「文字だけでは物足りない!」と思ったあなたは、U-NEXTに登録するのがおすすめです。週刊ビッグコミックスピリッツの最新刊を、発売日当日から楽しむことができますよ!

当サイト読者が利用してるマンガアプリBEST3!
関連記事
サレタガワのブルー 最新話ネタバレ

サレタガワのブルー46話のネタバレ/感想!

2020年4月19日
マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!
漫画アプリ・マンガMEEにて、毎週金曜日に配信されている「サレタガワのブルー」第46話のネタバレと感想です。 前回の第45話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだ読ん …